薬の副作用によって起こることも



こむら返りの原因はある程度予測できますが、大抵はスポーツ中か寝ている時や寝起きです。

原因もいろいろありますが、スポーツ中も寝ている状態でも、筋肉の収縮異常を起こしているわけですから、強い痛みを伴います。

スポーツ中や寝ている時に多いこむら返りは、足がつるとも言いますが、なんとなく嫌な予感がしてその直後に痛みが走るというパターンです。

原因が分かっている場合はすぐに適切な対処ができますが、運動をしているわけでもなく、頻繁にこむら返りを起こすような時、その原因が薬の副作用という可能性もあります。

画像の説明

薬には必ず何らかの副作用があると言われていますが、こむら返りの副作用が出やすいのは、主に高血圧の薬です。

高血圧の薬にも種類がありますが、血圧が上昇しないように抑える薬を飲んでいると血圧が低くなるため、血行不良を起こしやすくなります。

寒い時期は自然と結構も悪くなりますので、気温の低下と血行不良による体の冷えが原因でこむら返りを起こす事があります。

高血圧の薬は敢えて血圧を下げますので、冷えからこむら返りを起こしやすくなると言われています。


高血圧の薬には種類がありますし、他の副作用で苦しむ人もいます。

体に合っていない場合は薬を変える事もできますので、余りにも頻繁にこむら返りを起こすようなら、一度医師に相談してみましょう。

効果は同じでも副作用の低い薬に変える事で、こむら返りを起こしにくくなるかもしれません。