冷え性を改善することでこむら返りも改善


画像の説明

毎年11月くらいの寒くなる時期から体がつる、足がつる(こむら返り)という症状が頻繁に起こるようになりました。

最初は疲れているのかな?というくらいの感覚でしかいなかったのですが、体や足がよくつるのは重大な病気が原因かもしれないということをテレビで知り不安になり健康診断を受けることにしました。

健康診断の結果は特に病気が見つかることはなかったのですが、よく体や足がつるのは冷え性が原因の可能性があるのではないかと医師に指摘され、早速冷え性の改善の対策を行うことにしました。

私が行った冷え性の改善は外出時はもちろん家の中でも厚手の靴下と腹巻を着用。

40度くらいの温度のお風呂に毎日30分浸かり体を温める。

そして食事も生姜やニンニクなどの香辛料そして黒ごまや黒豆、黒砂糖などの黒色の食べ物を積極的に摂取する生活を続けていくうちに自然と体や足がつる回数が減っていき、そして快眠できることが多くなり驚いています。