こむら返りに効くツボ



こむら返りを予防するには筋肉を柔らかくしておくことが必要です。

そしてもし足がつってしまったら足先を自分の方へ曲げてふくらはぎの筋肉がこわばっている状態を和らげてあげることが必要です。

もし足をつる頻度が非常に多いという方はツボを刺激してみるのも効果が期待できるかもしれません。

こむら返りに効くと言われているツボですが、膝より下の足の前面をよくつってしまうという方は「足三里」というツボを刺激するとつりにくくなるのではないでしょうか。

膝から下に太い骨がありますが、その外側のひざ下5cm程度のところにあるのがこの「足三里」というツボです。

画像の説明

こむら返りの最も多いパターンであるふくらはぎをよくつるという方は「陽陵泉」というツボがおすすめです。

「陽陵泉」は足の外側にあるツボでふくらはぎの筋肉の少し前の方、ひざ下5cm程度のところにありますから、ここを押してみましょう。

画像の説明

ふくらはぎには「承筋」や「承山」というツボもあるのですが、これらもこむら返りにはかなり効くと言われています。

「承筋」はふくらはぎの中央の膝から5cmほど下にあります。

さらにその5cmほど下にあるのが「承山」というツボです。

ここを刺激することでこむら返りを防いだり楽にしたりすることができるでしょう。

画像の説明

足の裏のど真ん中に「足心」という場所があるのですが、ここもマッサージしておくとこむら返りになりにくいようです。

画像の説明

このように足がつることを防ぐ効果があると言われているツボは非常に多くありますから、時間を見つけて寝る前などにマッサージしておきましょう。